AYUMIY LOGooo!!


サンにゃん
by ayumiy_land
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アユミー
27歳になりました。
事務員。
埼玉っこ。

27歳の目標は、自分を大好きになること。
頑張ります。
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
フォロー中のブログ

がんばった、球児達。羅列。


小学生から二十歳くらいまで、
球児と付き合うのが夢だった。
甲子園を観ては、毎度「やっぱり坊主だよね」と思っていた。
だが、恋をした相手は、極太眉のサッカー部と、狐目のバスケ部だった。
しかも片思いですよ。
みなさんはどちらを応援しただろうか。
ハンカチ王子、北の怪物。
北海道にゆかりがある人間なので、駒大苫小牧をワタシは応援していた。
どうせなら三連覇させてやりたかった。
だって道産子だよ。奴らは素朴だよ。なんか可愛いよ。
サードの子うまかったなあ。
母は早実を応援していた。
斎藤の笑った顔が見たいとかいっちゃって。
女はどうしてああいうのに弱いかね。
ユニフォームに顔こすりつけて、真っ黒になって拭け。
と、思っていたが、
特番で、ハンカチが母親から貰ったものだとか、逸話を聞いて、
ちょっと斎藤贔屓になり、再試合にはどちらが勝ってもいいかな、と思っていた。
素晴らしい試合だったと思う。
9回の2ラン。最後の対決は田中と斎藤。
ああいう風に、溌剌と何かに打ち込むような子供が欲しい。
やっぱり野球だよ。欲をいうなら野球をやってもらいたい。
ワタシは男だったら野球を絶対にやりたい。
でもなんでもいい。精一杯頑張ってる姿が見たい。
ワタシが青臭い燃焼に弱いのは、
自分がそれを出来なかったからだと思っている。
完全燃焼をしたことがない。
必ず青臭さに足は突っ込むが、団扇の風に乗って燃やせただけ。
多分人が扇いでくれた風に。
自分しか知らない完全燃焼でいい。
いい加減認めてやりたいから、頑張らないと。
勲章を手にいれないと。
斎藤や田中に恋するんじゃなくて、
ワタシが奴らにならなきゃ。
[PR]
by ayumiy_land | 2006-08-22 11:29 | 想事
<< はい九月九月~ がんばれ、球児たち! >>


最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧