AYUMIY LOGooo!!


サンにゃん
by ayumiy_land
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アユミー
27歳になりました。
事務員。
埼玉っこ。

27歳の目標は、自分を大好きになること。
頑張ります。
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
フォロー中のブログ

りんどう湖ファミリー牧場

a0019186_143639.jpg

総感
「牧場」と言うな、ばかたれ というほど、動物が少ないです。

いや、日差しが強い、暑い日でした。
ひじ下と胸元真っ赤です。脱毛なのに、打てなそう。
顔だけは厚化粧で乗りきりました。

7時前に春日部出発。
到着は9時頃。
移動中の車内は、双子がいやにテンションが高かったです。
差し込んでくる日差しに、ワタシは今日は死ぬなと、覚悟を決めていました。

ビデオとカメラ、相変わらず撮影部隊(一人だけど)です。
充電をしていなかったせいか、ビデオはすぐに死亡です。

a0019186_1555766.jpg

入園券を買う為の長い列。に並ぶこっちゃん。
フリーパスを買うかどうか、双子が迷っています。
絶対ありえない。だって、ホットな乗り物が一つもない。
絶対後悔するからやめておけと言いました。

そこそこ広い湖、あれ人工?
入り口から入って、目の前に広がります。
こっちゃんが「わーーーーーーー」って。
最近呪文のような言葉を長文で話すのです。
これまたちょーかわいいんだ。
いいのいいの、しょぼいとこでも、彼女が喜べばなんでもいい。

とりあえず一周してみようと、テクテク歩きます。
一応ガイド冊子的なものを見ながら、乳搾りはしてみたいね、と
牛舎めがけてごー。
暑さにやられながら、日陰を探しつつ歩きます。
ちょっとの坂もきつい。

a0019186_15221481.jpg

子牛にミルクをあげられるらしく、ミルクを購入。
こっちゃんみてー、こっちゃんよりも赤ちゃんかもしれないね。と。
でも彼女はあまり興味を示していませんでした。
それよりも素手で牛に触りたいみたいです。
ホルスタインより、ジャージー牛の方が可愛い。
子牛はまるでバンビみたいです。

a0019186_151359.jpg

にんじんも買って、馬にもえさを。
ワタシは馬の鼻息にびびってましたけど、
姫はまったくどうじなくて、楽しそうです。
小さい手も食べられちゃうんじゃないの?と心配になるも、全く問題なく。

a0019186_1514915.jpg

ヨウとこっちゃん。
一日ワカメちゃんスタイルでした。でもちょーかわいい。
ワタシがやったら、おおやまさこですね。
ある意味可愛い?
暑くて、ジュースを手放さなかったです。

乳搾りの列があまりに長くて、げんなりして、
最終回をねらうことにしました。
昼食を食べに、レストランへ。

どうせなら、一周しきってしまおうと、湖畔を歩きます。
すると、ザリガニ釣りを発見。
双子がやります。
ちょっとなまってるお兄さんに
「一時間までとなります。お知らせしませんので、携帯か時計でご確認ください。」
うん、あってないようなもんだね。
うん、でも絶対一時間もやってないだろうね。
何尾釣ったのかもわかりません。
ワタシ木陰のベンチでほぼ休憩。
ザリガニ釣りも15分ほどで終了。
さて、また歩きます。

a0019186_1520272.jpg

犬がいました。
たぶん、セントバーナード。
こっちゃん、進んで触ります。
お昼寝だったみたいで、ピクリともうごきませんでした。

鯉のえさが自販機で売っていまして、
重なり合いながらえさを求めて群がる様が見たいがために購入です。
ほら、魚ども、たんとくえー。
といいながら一粒しか投げなかったり。
必死にのたうって争奪するので、超楽しいです。
鯉をいじめるのも飽きてまた歩き出します。

一周はいいのだけど、馬鹿みたいに遠い。
結局入園口まで戻ってしまいました。
もーぐったり。
ねえちゃん死にそうだね、と弟に言われ。
リュックにしておいてよかった。
飲み物だして、
カメラだして、
財布だして、そんで400円だけだして、そんでしまって。
人に全部言いつけて、リュックは出来るだけ背負ったままにしていました。
人が使えると思ったら、リュックはけっこう極楽ですね。

やっと、お昼。
もっと早くくればよかったね、激行列です。
と思ったら、ワタシ達が目的とするレストランの手前のレストランでした。
ワタシ達はバーべQ食べ放題を希望しています。
そこそこ待てばすぐに通されました。

ワタシはラム大好き。
あとはヒトミちゃんが大丈夫なだけで、
あとの面々は撃沈。
そんなにクセある?うまいじゃんね。
ポークとチキンもあったので、そちらでしのいでおりました。
食材の種類が乏しい感じなので、とりあえず肉か米かキャベツか的ノリです。
みんな腹いっぱい詰め込みました。

さて、乳搾り。
・・・いく?
明らかに行きたいノリではないです。
この暑さと、あの距離を考えると、みんな二の足を踏む感じなのでしょう。
もちろんワタシも。
あきらめまして、駐車場へ行きます。

駐車場の手前で、ヤシノミを売っていました。
リーがまずいからやめておけというのだけど、
昔からヤシノミジュースを飲むのは夢でした。
うん、まずい。
これは一つ飲みきれない。
みんなに回し飲みさせたけど、全然減らない。
中の果肉はおいしいと言うので、パッカリ二つに割ってもらって持ち帰りました。

疲れもMAX。もう帰ろうと言うのだけど、
渋滞の素晴らしさに、身の毛をよだたせ、温泉でゆっくりしようということに。
ワタシはもう爆睡こいていたので良くわからないのだけど、
なんだ、うろうろしながら2時間くらいかけて、到着。

那須山という、スーパー銭湯ちっくなところでした。
外の立て構えからは想像できないくらい小さい。
これは浴場が広いんだな!と期待したけど
芋洗いもいいところです。
シャワー待ちの列、列。
ここでも並びたくねえよ。と化粧だけ落として、そそくさと入浴。
完全一人行動でした。
露天はそこそこ風情があって、月が綺麗に見えました。
電波が一本立つか立たないかの場所で、
彼からの連絡があるのかないのか、でも多分ない。
とか考えてたら切なくなりだします。

それで、入浴後、仮眠。
こっちゃんが熱を出して、具合が悪くなったので、急いで帰宅。
待ったかいがあって、すいすい帰れました。

ヨウ夫婦のアパートに着いた頃に、彼から電話。
自宅に着いて、やっとゆっくり話せると思ったら、もう切る時間。

なんだ最後はのろけかよ。
「そこそこ」感が強い旅でしたけど、楽しかったです。
こっちゃん元気になったかなあ。




a0019186_1948511.jpg

そういえば、売店にこんなのがありました。
どんだけ!
[PR]
by ayumiy_land | 2007-05-06 16:02 | 家族
<< 普通のこと。 アルツになりそうだ。 >>


最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧