AYUMIY LOGooo!!


サンにゃん
by ayumiy_land
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アユミー
27歳になりました。
事務員。
埼玉っこ。

27歳の目標は、自分を大好きになること。
頑張ります。
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
フォロー中のブログ

<   2006年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ポスト


年末の追い込みで、彼は忙しい。
25日に会う約束をしていたが、キャンセルになった。

恋乙女は、身一つでは愛しい人に会いに行けない。
ないなりに、服装を考え、
前髪を念入りに梳かし、
マニキュアを丁寧に塗り、
肌はなめらかにスクラブをして、
いい香りのボディクリームで潤す。
そういう風に用意をいろいろして、待つ、のである。

それもまあ丸つぶれになるような、煙が充満している事務所で彼からのメールを受け取った。
頭の中で音がするくらい、がっかりして、身動きがとれなくなる。
仕方ないのは解っている。でも、会いたい。
せっかくお出かけ出来る用意してるのだもの、このままお家に帰りたくない。
手当たり次第に友達を誘うも、いい返事が返ってこない。

彼の住む駅に、最近引っ越した友達がいる。
その友達と会えることになった。
気持ちの悪い(恋乙女)発想が生まれる。
手紙を添えて、彼のポストへ届けちゃおう。
そして、なんて健気な事をする子なんだろう、キモイけど。とか思われちゃおう。
そしてその後に友達と会おう。
そんな妄想をしながら電車に乗った。

彼の駅が近づくと、黙って行くのもやっぱりどうかと思い、この状況を説明したメールを送った。
終電近くに帰る事が多いようだから、運が良ければ帰ってくる時間かもしれない。
でも、会えること はもちろんそうだけど、
この気持ちの悪い行動を完遂することの方に脳ミソがまわっていた。

駅について、何度か来ているのにどうしても彼の家までの道が覚えられなくて、少し歩き回る。
やっと辿り着いて、一応呼び鈴を鳴らし、当たり前に居なくて、ポストに手紙とプレゼントを入れた。
満足してアパートの階段を下りると、丁度彼が帰ってきた。

びっくりした。びっくりしてその友達と電話をしていたのに、思わず切ってしまった。
会えるのは、殆ど期待していない妄想だったのに、会えてしまった。
結局友達に電話をかけ直して、謝り、彼の家に上がった。

好き。好き。好き。
今年の一番悲しかったことは、サンが居なくなったこと。
今年の一番素敵な出来事は、彼に出逢えたこと。
そんなことを思っていたら、彼が
「アユミに会えたから、今年は良かったかな」と言った。
[PR]
by ayumiy_land | 2006-12-27 17:59 | 胸キュン

Wii筋肉痛


肩が張っている。
腕も張っている。
腰もちょっと痛い。

重い荷物を持ったっけ。
いや。
体うごかしたっけ。
いや、いや?
Wii?

相当力んでリモコンを振ってるみたいだ。
[PR]
by ayumiy_land | 2006-12-15 17:02 | アイテム

俺は菌持ちじゃない!!


初めて、足の指が痒くなったのは、15の夜。
何日かしたら、白く皮膚が浮いてきて剥がれ出す。
若干15で、水虫キャリアか、と落ち込んだ。

あれから10年強。不真面目に市販薬を付けながら過ごしてきた。
薬を塗れば落ち着いた。
そしてここ最近、足の親指の爪が厚くなってきた。
なんとなくベット部分が白いし、肉から離れた先が縦に亀裂が入っている。
ついに、爪にも巣くったか。
ただでさえ大足で、水虫で、爪水虫か。
オッサンだ、それも50を過ぎたオッサンの足だ。
嫁ぐ前の女の足ではない。悲惨だ。

今年の夏に、初めて皮膚科の門を叩いた。
たまに痒くて皮膚がボロボロする時があります、完全に水虫だと思うんですけど、
それより爪ですよ。白癬菌いますよね。あはは、はずかしいなあもう。
足の皮膚と、爪の深層部を削って、顕微鏡で菌チェックをする。
ちょっとたよりない女の先生で、菌が居ないという。
信じられない、じゃあこの症状はなんだ。
つい三日前まで、市販薬を塗っていた事を話すと、それでは菌が見えないと言う。
はあー、市販薬ってなんだかんだ優秀なんだ。と感心して、
2週間はなにも塗らないで、それからもう一度来い、と言われた。

これだけ症状が出てるのに、それを認めないなんて、薬くれてもいいのに、なんかヤブ。
と勝手に決めつけて、しばらく薬を塗らないで、他の皮膚科に行こうと決めた。
それで、まあ、痛くも痒くもないので、また放っておくことになる。

しばらくキレイな皮膚だったのが、ある夜、死ぬほど痒くなって、赤く炎症を起こすほどに掻きむしった。
痒みはその一晩だけで、いっきに肌が乾燥して剥け出した。それも広範囲。
待って、ワタシは今、久々の恋乙女なんですけど。
彼の部屋にお呼ばれするとき、どうしたらいいの。
オネンネするときも靴下履いてなきゃいけないの。
大問題!!!!!

そしてまた昨日、皮膚科の門を叩いた。違う皮膚科。
同じように、皮膚、爪を採取する。
爪が溶けるまで時間がかかるので、待合室でお待ちください。
名前を呼ばれて、診察室へ入る。
看護婦が4人も前に手を組んで列んでいる。椅子には先生。
え、なんか深刻なのか。不安になる。と、
「菌は居ません」

「菌は居ません」

これは認めないといけないのか。
水虫じゃない方がいいじゃないか。
でも10年以上もキャリアだと思っていたのに、それが間違いだったのか。
だって薬を塗れば症状落ち着いたりと、何度も繰り返してきた。
ウンコだと信じていたものが、実はけっこう旨いカレーでした。と言われたようなものだ。
10年以上もウンコだと信じていたのだ、そうそう美味しく頂けない。

で、結局なにかというと
炎症 なのだそうだ。肌のターンオーバーがうまくいかず、角質がたまるとかなんとか。
顔と同じだな。
もらった薬は、角質柔軟乳液と、炎症鎮静剤の軟膏。
また一週間後に来てということ。

仕方ないから、カレーだと思って薬を塗っている。
まるでウンコなのにカレーですなんて、結局美味しくないじゃないか。

ということなので、
ワタシのウンコ足を見る機会があっても、
カレーだという認識を持ってください。

俺は菌持ちじゃない!!!
[PR]
by ayumiy_land | 2006-12-14 15:43 | 出来事

花サク、テーブル


いい歳の女が二人。
恋をしている女が二人。
向かいあって頬杖をついている。

互いの話を互いに聞くけれど、脳みその半分は、恋しい人を想っていて、
見つめ合う瞳の先は、浮かれた友人ではなく、恋しい人が映っていて、
微笑むというよりは、ニヤけていて、
なんともまあ、ハンバーグチェーン店のテーブルには似合わない。

ガラの良くない青年達に囲まれても、ワーキャー騒ぐ子供に囲まれても、
この何番だかのテーブルは、ほんわりピンク色なのだ。
チークなんかいらない、頬もピンク色だ。

浮かれて熱っぽい女なんか、けっこうどこにでもいる。
久し振りに数人で会えば、一人は花が咲いている。
異様になるのは、浮かれた女のみだ ということ。

両手で頬を押さえて
潤んだ恋瞳で
視線が浮遊して
角がとれて輪郭がぼやけるほど柔らかい
突然思い出し笑い
桃色吐息
×2

痛いよね、キモイよね、と言いながらも
ワタシ達は幸せだった。
[PR]
by ayumiy_land | 2006-12-12 14:47 | 胸キュン

wii


タノシスギーールーーー!!!!!
ステキスギーールーーー!!!!!

スポーツとはじめてのwiiやったのだけれど、
どれも面白い。いあホント面白い。
ゲーム出来ない人もみんな出来る所がステキ!

こりゃ、寒空の下、何時間も列ぶの解る気がする。

川島家にも一台。
ちょっとがんばって探してみようかな。
[PR]
by ayumiy_land | 2006-12-08 11:17 | アイテム

妊娠しました。


3ヶ月だそうです。
大好きな人の赤ちゃんが出来たなんて、スゴく幸せ!!




















ワタシじゃありません。
友達夫婦です。
おめでとうサヤカ!!!
名付け親にしてくれていいよ。いいのつけるよ。

いやん、早く会いたいわぁ。

ごめんなさい、こういう「えーびっくりしたよーー笑」系のがやりたかったんです。
[PR]
by ayumiy_land | 2006-12-05 17:12 | 胸キュン

眠すぎる。


いあ、早寝早起きこころがけてるんですが、
連日、部屋整理してるんですが、
なんともまあ、要領が悪く、進みません。

押入のボックスに乱雑に入っていた、昔の年賀状や手紙を読み返していたら、3時だよ!
こりゃ、朝起きられんと、風呂に入ったら、4時だよ!
お母さんが起き出して、弁当作り出したから手伝って、珈琲飲んだら、5時だよ!
完一が長野に持っていくデジカメのデータ写してないのに気がついて、
画像処理してたら、6時だよ!
こりゃこのまま起きてるべきだと思ったら半に眠くなってきて、一時間寝たよ!
一時間で起きろとか、地獄だよね!

今椅子から落ちそうになったよ!
[PR]
by ayumiy_land | 2006-12-04 11:43 | 日記


最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧